全身の無駄毛がある部位を光脱毛する際には、それぞれ痛みが伴います。ただし部位によってかなり感じ方は違い、脇や背中、臀部、足は比較的痛みが少ないと言われています。

痛みは骨が近く、神経も通っている部位で、毛が太く生えている密度も高いといった部位が痛みが強い傾向にあります。

もみあげ脱毛は痛いとの感想が多い

骨や神経ということであれば、足の甲や指、手の甲や指、顔、デリケートゾーンは痛い部位だと言われています。中でももみあげは特別痛いといった感想が持たれがちです。

毛も太く密度もありますし、頬骨がすぐ下にあり、神経も密に通っています。「顔への施術」といった心理的なものも関わってくるでしょう。

痛みが心配なら試し打ちを受けてみましょう

そのためもみあげの施術はあえて早い効果を狙うよりも、出力の小さな痛みが少ないエステの光脱毛を選択したという人も見られます。

早く終わらせたいということであれば医療機関に行くことが一番得策ですが、出力も大きい分、痛みも大きくなります。

試し打ちなどを行ってくれる医療機関もありますので、そういったところで「耐えられそうか否か」を判断してみるのもよいでしょう。

もし耐えられそうにないと感じた時には、麻酔を使って痛みを軽減させてくれる医療機関を選択することになります。それによってストレスは軽減されます。

もみあげ脱毛はレーザーが有効

最近では、男性でも美容に興味をもっている人が増えています。やはり、女性にモテいからという動機やいつもでも若々しくいたいという動機から、美容に興味を持ち始める人が多いです。

男性でも、自分の顔やスタイルにコンプレックスを持って人が多いです。どこかしら、自分の顔でしたり、容姿に不満があるようです。男性の悩みに、毛深いという悩みがあります。

男らしくて良いのではないかと思う人もいるかもしれませんが、今の時代はその逆で男でも、毛深くなく、きれいな肌が、異性に好かれるようです。よく、毛深い男性は、顔中が毛だらけの人がいます。

ひげが濃かったり、もみあげとひげがつながってたりする男性もいます。

もみあげ脱毛を受ける男性が増えている

もみあげは、すぐに伸びてしまい邪魔です。また、白髪も生えやすいですし、脱毛した方が清潔感があります。もし、脱毛をお考えの人がいましたら、レーザーで施術した方が、効果が高いと思います。

男性のように毛根が大きく、ふとい毛の場合は、絶対レーザーがおすすめです。レーザーは、美容クリニックでしか行うことができません。エステへ行ってもやってもらえませんので注意が必要です。

美容クリニックでは、もみあげを確実に脱毛できますので、ぜひおすすめです。

レーザーとは違う種類の脱毛方法

脱毛の方法は、サロンやクリニックによってそれぞれ違います。代表的な脱毛方法の種類としては、ニードル方式やレーザー方式などです。

ニードル方式は、15年ほど前までは、この方法が主流でした。毛穴に針を差し込んで、その針に電流を流し、10秒から20秒そのままの状態で、毛根の毛母細胞を焼き切り死滅させ処理する方法です。

レーザー方式は、医療用レーザーを用いた処理方法で、医療機関での施術を行います。出力が高く、毛根、毛乳頭までエネルギーが届くので、長期的に効果が持続します。

それぞれの方式で効果はありますが、痛みを伴うことが多いので、痛みを伴わない脱毛の種類はないのだろうかと思う人もいるでしょう。

S.S.C方式なら肌に負担をかけずに脱毛が可能

ミュゼプラチナムの脱毛方法は、この2つの種類とは違うS.S.C方式(スムーススキンコントロール方式)という方法です。

この方法は、ジェルの上から安定的にライトを当て、その後2~3週間ほどで毛が抜けおちます。

ジェルの成分には、肌を傷めないよう考えられた成分が配合されているので、肌に負担をかけません。トリートメントにもミュゼプラチナム独自のプラセンタ配合ミルクローションを使用し、美肌効果も期待できます。

脱毛方式によっては痛みを感じるので処理方法はしっかり考えよう

ニードル方式などは、かなりの痛みを感じ、レーザー方式でもはじかれたような痛みを感じます。でも、S.S.C方式なら、一瞬軽い痛みを感じる程度すみ、処理の時間も両脇なら3分程度で終了です。

痛みの少ない処理方法を望む方は、ミュゼプラチナムの無料カウンセリングを受けてみるのもいいでしょう。

 

当サイトでは、もみあげ脱毛を始めるのに最適な格安脱毛サロン・クリニックをまとめています。サロン探しをする方は是非ご利用ください。

格安でもみあげ脱毛ができる脱毛サロン・クリニック最新版

エピレの脱毛は無制限で受けることができるのか

以前までは脱毛施術というと回数や期間が限定されているコースが一般的でした。

しかし、契約したコースの回数以内に脱毛が完了しなかった場合、再度コースを契約しなければいけなくなってしまったり、追加料金を支払ってその都度脱毛の施術を受けていくようなことが多く、費用の負担が余計に大きくなってしまうところがネックでした。

最近はそういった形で損をすることがないように、月額制で脱毛施術を受けることができるサロンも少しずつ多くなってきています。とはいえ、月額制のコースが必ずしもお得とは限りません。

脱毛サロンのエピレは部分的な脱毛におすすめ!

全身脱毛のように、パーツごとに脱毛が完了するスピードに差がでてしまうようなコースを契約する時は、回数や期間が限定されておらず、無制限で受けることができたほうがメリットが大きいです。

しかし、部分的に脱毛していく場合ですと、回数や期間が限定されているコースを選択したほうがお得になることもあります。人気の高いエピレは、基本的に無制限で脱毛施術を受けられるようなコースは存在していません。

その代り、回数が多めのコースであっても、低価格で脱毛することができるようになっているので、部分的に脱毛していくことを考えている人には、エピレに通うことをおすすめしたいです。

例えば、人気のVIO5プランですと、たった10回コースでもたった87,000円ですので、他のサロンよりも安く施術することができます。無制限ではなくても、確実にお得に脱毛できるのがエピレの素晴らしいところです。

ポニーテールをする人はもみあげの脱毛に気を配ろう

ポニーテールは、若々しくはつらつとした印象を与えるので、若い女性を中心にとても人気の高いヘアスタイルです。また、髪の毛を頭頂部付近でまとめるので、顔全体のリフトアップ効果もあり、表情がいきいきと見えるというメリットもあります。

髪の毛をまとめる位置によって、落ち着いた印象にもなれば、元気で明るい印象にもなるので、イメージに合わせた演出ができるのも人気の理由です。しかし、ヘアスタイルを整える際に、意外に見落としがちなのがもみあげや襟足です。

もみあげや襟足は他人の目につきやすい

特に、もみあげや襟足を出したヘアスタイルの場合には、もみあげや襟足の処理をきちんとしておく必要があります。伸び放題の髪の毛がそのままになっていては、せっかくすっきりと形よくまとめた髪型も台無しになってしまいます。

また、うなじ付近の余分なムダ毛は、だらしない印象を与えるばかりか、老けて疲れたイメージも喚起してしまうので、おしゃれに気を配る女性としては、決して襟足の脱毛処理を怠ってはいけません。

自己処理をすると毛穴の開きが目立ってしまう場合も

特に、髪の量が多い人や、毛が太い人の場合には、カミソリでうなじを剃っても、剃り跡が残ったり、毛穴の開きが目立つ場合が多いので、自分で処理をするよりも、専門家に任せて、毛穴からしっかりムダ毛を除去することをおすすめします。